「不動産鑑定評価書」と「不動産調査報告書」はどう違うのですか?

「不動産鑑定評価書」は、不動産鑑定評価基準に基づく正規の鑑定評価の成果として発行する書類であり、必要なあらゆる作業を尽くして決定した「鑑定評価額」が記載されます。公的証明能力を有しており、様々な場面で活用することができます。

一方、「不動産調査報告書」は、いわゆる簡易査定によって作成する書類であり、様式も概略的で、必要最小限の作業によって求めた「査定価格」が記載されます。ただし、不動産鑑定評価基準に基づく正規の鑑定評価ではありませんので、求められる査定価格はおおよその価格又は特定条件下の価格を示すものとなり、公的証明能力もありません。

しかし、いくらおおよその価格とはいえ、不動産鑑定士が発行する書類はどうしても社会的影響力を持ってしまい、一人歩きをしてしまうおそれがありますので、国及び公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会の指導により、内部資料用等発行できるケースが一定の場合に限られています。

このため、「不動産調査報告書」は、不動産鑑定評価に比べ費用は低く抑えることができますが、活用できる場面が制限されます。

 

質問一覧に戻る

 

代表者プロフィール

不動産鑑定士 阿部祐一郎
不動産鑑定士 阿部祐一郎

代表者プロフィールはこちら

 

徳島県徳島市

川内町平石夷野176

TEL:088-635-0247

FAX:088-666-0344

 

対応地域

徳島県内を中心に四国近郊(香川県、愛媛県、高知県、岡山県、兵庫県、大阪府)

 

著書紹介

アマゾン

土地税制部門 第1位獲得!!

お気軽にご相談ください

 

関連サイト

徳島県定借推進機構
徳島県定借推進機構